サイエンスコスメってどんなコスメ?〜ビーグレン1日目〜

サエルで美白コスメを初めて体験したわけですが、お次はサイエンスコスメという聞いたことのないコスメを取り寄せてみることにしました。なんでも口コミでとても人気で、効果も高いと有名なコスメなんだそう。ビーグレンというブランドです。

 

私はこれまでサイエンスコスメもビーグレンも聞いたことがなかったのですが、周りに聞いてみると、意外にも知っている人、使っている人がたくさんいて驚きました。サイエンスコスメって直訳するとええっ?て思っちゃいますが、そうではなくて、科学技術を駆使したコスメ、という意味です。これも聞いたことないとビックリしますよね〜(笑)

 

ビーグレンの特徴は、独自浸透技術のQuSomeという技術と、シミに効果の高いハイドロキノンという成分が配合されているということ。さっそく使ってみることにしました。

 

独自浸透技術QuSomeで美白成分を肌にしっかり届けて即効性のある美白ケアを実現

ビーグレン

こちらが取り寄せたビーグレンのパンフレットとビーグレンホワイトプログラムのアイテム4つです。右側の男の人が、ビーグレンを開発したブライアン・ケラー博士。実はビーグレンの独自浸透テクノロジーは医薬品にも使われているんですって。

 

なんだか効果が期待できそうな美白コスメ!さっそく使ってみました。アイテムは4つ。左のボトルから、化粧水、美容液、クリーム、保湿クリームの順番で使うようになっています。クリームが2つありますが、1つはハイドロキノン配合の美白クリーム。銀のキャップのクリームは保湿用のクリームとなっています。美白には保湿が大切ですからね♪

 

外見もとってもシンプルなビーグレンですが、中身もとてもシンプルな気がします。まずは化粧水。飾り気のない化粧水、といったのが第一印象。いい香りがするわけでもないし、特に何か特徴があるわけでもなく…本当にシンプルな化粧水です。ただ、浸透は早い。最初に手の甲につけてみたのですが、本当に驚くぐらいさっと浸透します。そしてサラサラに仕上がります。ちょっと驚きました。

 

次に美容液。チューブに入っていますが”液”です。とろみもほんのちょっとしかないので、外見から判断して使おうとするとうっかり大量に出してしまう美容液です(笑)なぜチューブ・・・・・。こちらもシンプル!でも化粧水と同じようにすごく浸透します。美容液を使うと肌がちょっとしっとりしてきました。

 

次に使うのがハイドロキノン配合のホワイトクリーム。白い柔らかいクリームです。こちらは顔全体に使うクリームです。初めてのハイドロキノンですが違和感はなし。刺激感もありません。クリームですが浸透が早くて肌がさらっと仕上がります。不思議。

 

最後に使うのがモイスチャーリッチクリームという保湿クリームです。クリームを続けて使うとベタベタしそうですが、ホワイトクリームが軽い仕上がりだったので、保湿クリームを使っても嫌な感じになりません。それどころかしっかり潤う感じがするぐらいです。ここまで使うとかなり肌がもっちりします。ホワイトクリームと同じく白いクリームです。

 

ビーグレン、本当にシンプルです!香料とかニオイの元になるモノが配合されていないようで、サエルのようないい香りは感じられません。かわりに、独特のちょっと甘い系の成分の香りがします。ちょっとこれまで使ってきた化粧品にはないタイプ。外見もシンプルですが中身もシンプル!っていうのが印象ですね。浸透はどのアイテムも早いと思いました。

 

ビーグレンは効果が現れるのも早い!と有名だそうなので、効果が出るのを楽しみにお手入れを続けたいと思います。

関連ページ

ホワイトプログラムを順番に使う理由〜ビーグレン3日目〜
最新サイエンスコスメ、ビーグレン体験談3日目 ホワイトプログラムの不思議について